9/9(日)「第20回山の村だいこんマラソン大会」は大雨でどしゃ降り、大変過酷な状況での開催となってしまいましたが、無事に終了いたしました。

悪天候の中1,178名(エントリーは1,338名)という多くの方にご参加いただけました。全国各地より遠方よりご来場のランナーの皆様、誠にありがとうございました。

数日前の台風21号による被害から開催を危ぶまれていました。コースの整備など直前まで準備に追われながらも、天候に悩まされておりました。開会式の直前には警報も発令されている中、開催の可否を役員で協議し「どうしても来場の皆様に走っていただきたい」という一心から開催を決断いたしました。

開会式の直前では大雨+突風でテントが倒れそうになりました。直後、晴れ間が出てきて落ち着くものかと思われましたが、3キロスタート頃からまた本格的に降り出し、ハーフの後半にはどしゃ降りでランナーは目の前が見えないほど酷かった状態でした。とてもシャワーランと言えるレベルではありませんでした。県道の伊西峠では崖崩れによる通行止めになり、大規模林道1本での帰り路となりました。一時、孤立地域になるのではないかとの心配もありましたが無事に皆さんが帰ることができて良かったです。

大きな事故もなく、大会が無事に終了しましたこと、皆様に感謝いたします。参加者の皆様・御家族の皆様、大雨の中カッパ姿でずぶ濡れになりながらご協力いただいたボランティアスタッフの皆様、地域の沿道応援の方々、後援・協賛企業の皆様、関係スタッフの皆様、すべての方に感謝申し上げます。どうもありがとうございました。